Twitterクライアントを作りましょう Vol.2

2013/11/30 19:20:29
SurfacePro2欲しい。Noranekoです。


やっぱスペックとか見てると重さ以外はSurfacePro2が圧倒的!

しかも256GBの法人モデルだと10万切り!

オフィス持ってるから、一般販売しろよ!



ということで、前回の続きです。

Studio nekoでは、アプリはAndroidのみ作成してますので、

Twitter4jとAndroidについてのみ、ご説明致します!


前回は、アプリ登録・Twitter4jのダウンロードまでご説明したので、

次はプロジェクトのlibsに

twitter4j-core-3.0.3.jar

を入れましょう。

カメラや撮った画像等を使ったりしたい場合は、

twitter4j-media-support-3.0.3.jar

も入れておきましょう!

ここまでくれば、99%完成です!!

あとは1%の才能が必要です。

努力とかそういうのは一切いりません。

むしろ努力するっていうのは、センスがないわけなので、

プログラマには向いていません。


次にTwitter4jというかTwitter APIについて。

getHomeTimeline()等のメインとなるメソッドには、

Pagingという任意のページを指定する引数を用いることができます。

そんで、ページ番号と1ページ内件数をPagingにして用いてましたが、

戻り値の件数が1ページ内件数より少ないということが多々あったので、
Paging p = new Paging(i, cnt);
↓
Paging p = new Paging();
p.setMaxId(id);


とし、最後に取得したid(long)を用いてページングしました。

次のページを取得した際に、最初の1件目が前ページの最後と同じなので、

ResponseListからremove(0)にします。

また、空判別にisEmpty()を使いましょう。

followingを取得するgetFriendsList()の方のメソッドは、

戻り値がPagableResponseListの為、

次ページの判別はhasNext()で判別して、

getNextCursor()でidを取得できるので簡単です。


最後にAndroidについて

AndroidManifest.xmlで、

<uses-sdk 
 android:minSdkVersion="9"
 android:targetSdkVersion="15"
/>


とすると、Android Device Chooserで、

バージョンの低いAVDは指定できませんが、

実機には×が付きますが、インストールが可能になります。

で、その時にしか判別しない不具合がありました。

独自アダプタにaddallすると落ちる。

と言う物でした。

public class HogeAdapter extends ArrayAdapter<hoge>{

}


と、ListViewを使う人なら独自アダプタを作ることはしょっちゅうあると思いますが、

これに対して、2.3.4でaddallするとそんな関数ねえよ!で落ちていました。

なので、下位対応するならaddallは使わず


for(hoge h :data){
 adpt.add(h);
}


と言うように、ぐるぐるしてあげましょう。


そんなわけで、今まで作ってたTwitterクライアントを一新しました。



ねこったぁをリリースしました。


いろんな機能というか、自分が必要な機能を追加しました。

使ってみてね☆




~こんなアプリ出してます~

authored by Noraneko | Comment(0) | Android

Twitterクライアントを作りましょう

2013/11/22 14:40:30
てことで、一年前くらいに適当に作ったやつを今さらながら

改修リニューアルしたいと思い、ついでに

『Twitterクライアント for Android』

のメモをこの広大なインターネッツに残しておこうかと!



まず、Twitterのアカウントがないとなんもできません!

なので

https://twitter.com/

でアカウントを取得しましょう。



1.Twitter Developersにログインせよ

https://dev.twitter.com/apps



を開いて、自分のアカウントでログインしましょう。



2.アプリを登録せよ

ログインに成功すると



この画面に遷移します。

すでにアプリ登録がある方は、アプリが表示されます。

この右上のボタンをクリックして、新規アプリを登録します。



3.情報を登録せよ



ここのNameは一意の名前なので、他の人に取られてたらあきらめるしかないです。

ですが、アプリ名は後からも変更できます(当然一意)。



そんで下の方の誰も読まない利用規約をスルーして

『Yes, I agree』

にチェックして、下のCAPTCHAを入力して、一番下のボタンを押します。

最近のCAPTCHは、人間でも解読が困難で非常に困ります。

ちゃんと登録できると、My applications画面にアプリが増えてます。





4.OAuth settingsを取得せよ



Twitterクライアントの認証で必要になるので、

『Consumer key』と『Consumer secret』をメモしましょう。

その下にある、『Your access token』は自分のアカウントのtoken発行です。

テスト等で使ったりします。



4.Settingを設定せよ

次に、『Details』から『Settings』で設定を変更します。



ここで、アプリの名前の変更やアイコンの設定ができます。

下の方に『Application type』があります。



作りたいアプリに合わせて、設定して下さい。

自分みたいなアプリを作るなら、

Access:『Read, Write and Access direct messages』

Callback URL:『http://127.0.0.1/』

と設定してみて下さい。

設定が終わったら一番下のボタンを押してアップデートします。



5.Twitter4Jを取得せよ

http://twitter4j.org/ja/index.html



より、Twitter4Jをダウンロードします。



6.がんばれ

ここまでくれば、後はぐぐったりしてソースをコピペして行けばできます!

続きは気が向いて風邪が治ったらしたいと思っております!




~こんなアプリ出してます~

authored by Noraneko | Comment(0) | Android

AdMob

2013/11/21 21:25:02
風邪ひきまくり...


禁煙アプリに広告入れてみようかなと思い、AdMobを組み込みました。
この辺


あと、昔作ったTwitterクライアントも更新しました。
この辺


共にAndroid2.3.4で動作確認してます。

TwitterクライアントのRetweetと過去ログ取得は次で直したい気分です。

Android-PullToRefreshを組み込もうとしてるんですが、

全然うまくいきません^^^^^^^;

参照しただけでエラー発生しちゃう^ω^

おれたちのなんとかはこれからだ!




~こんなアプリ出してます~

authored by Noraneko | Comment(0) | Android

SO-01B

2013/10/22 17:46:47
台風きまくりでんがな~。

Noranekoです。



今さらながら誰も使ってないtwitterクライアントの更新をしました!

ついでに、後学の為にAdMobも組み込んでみました!


自分が最初にさわったころのSDKだと、プロジェクトディレクトリ外に

ライブラリディレクトリ作ってパス通して動いてたんだけど、

いつの間にかエラー出るようになって、プロジェクト内に『libs』作って

そこに入れる仕様になってますね。



勝手に変えんじゃねーよぼけ^^;



ということで、twitter4jも3.0.3にしてエミュレータで動作確認しておk。

さて実機実機...







Android4.0以上の実機がない!





こういう時は、google先生に『so-01b android4』で





いっぱい出てきた!

先代達に感謝し、いざ自分も!



途中フラッシュツールの99%で実機を抜いちゃって文鎮化するとこでしたが、

2日間かかって、Android4.1.2になりました!!


すぐブログ書いて後世に残そうと思いましたが、MH4仕事が忙しくできませんでした。

スクリーンショットもございませんが、先代の方々の情報と合わせて参考にして下さい。


まず、Flashtoolなんですが、これはちゃんとバージョンを合わせた方がいいです。

バージョンごとに含まれてるツール等が違ったりしてます。


『1. Android2.1に戻す』

FlashTool-0.2.6

Sony Ericsson X10i_2.1.A.435_GLOBAL-GGL GENERIC 1232-9897.ftf

を使い、2.1に戻します。



『2. Bootloader unlock』

qsd8250.7z

一応先代ブログに書かれてたので、自分も一応unlockしました。



『3. Root化』

1で書いたFlashtoolで、簡単にRoot化できます。

DooMLoRDとか必要ないっす!

Rootボタンを押して、Ask Root Permsを押して

端末で『許可』を押すだけです。

また、アンチウイルスソフトはオフにしておいて下さい。



『4. CWMインストール』

ここで詰まってました。

先代達は2.3にアップデートしてとかいろいろやってたのですが、

現状ではCWMのアプリがなくなってたりしてるので、

FlashTool-0.6.9.1

を使用します。

右から2番目の+をクリックしてCWM5をインストールします。

ここまでで下準備が終わりです。



『5. カーネルをインストール』

X10_4.1.X_cmx10_BootManager_v21.ftf

をFlashtoolでインストールします。

ftfをインストールする分には、どのバージョンでも問題ないと思われます。



『6. 各種zipをインストール』

端末を再起動させて、真ん中のボタン(□)を連打します。

1秒間に16回ぐらい叩けば問題ないはずです。

そうするとCWMに入れるので、まずfull wipeをして、

adreno-jb.zip

CMX10-v5.1.zip

gapps-jb-20121011-signed.zip

をインストールして再起動!



この手順で、無事Android4.1.2になりました。

炎王龍の尖角を取るより簡単ですね^^




~こんなアプリ出してます~

authored by Noraneko | Comment(0) | Android

iPhoneとAndroid

2013/09/11 23:24:59
docomoからiPhone発売で、今月末から来月にかけてMNP大戦争!

この戦争で資産を上手に増やさなくては...



と言うことで、今さらながらiPhoneとAndroidの比較をしましょう!

まずiPhoneとはAppleが出した携帯端末です。

AndroidはGoogleが出した携帯などのデバイス用のOSです。

世間一般で言うAndroidは、Androidが搭載されてるデバイスのことが多いです。

で、何が違うの?と言うことですが、

大雑把に見ればほぼ同じですが、細かく見ると大分違う。

何を言っているのかわからねーと思うが、

おれも何を言ってるのかわからない。

と言うことで、比較表を作ってみましょう。

デバイス iPhone 5s Xperia A(SO-04E)
サイズ(高さ*幅*厚さ) 123.8mm * 58.6mm * 7.6mm 131mm * 67mm * 10.5mm
重さ 112g 141g
解像度 1136 * 640 1280 * 720
RAM 1GB 2GB
ROM 16GB、32GB、64GB 32GB
microSDXC ×
バッテリ取外し ×
コネクタ Lightning microUSB
防水 ×
ワンセグ ×
おさいふケータイ ×


こんなとこかな?

※iPhone 5sのRAMに関しては正確な情報が見つけられませんでした

BluetoothやGPSなんかは、もう当然のようにあるから無視してます。



つうか、Xperia Aのスペックすげーー!

最近のスマートなフォーンは全然ちがうな!

この表見ると面白くて昔はSonyもAppleのように独自規格路線を

突っ走ってたのにすっかり丸くなってるのがわかりますね。

Androidの機種の多くは、microSDスロットを持ってるので

PCにつないでマウントしてドラッグ&ドロップで簡単にファイルのやりとりができます。

音楽や写真なんかも簡単に入れ替え可能。

一方、iPhoneなんかはそういうアプリを落としてiTunesで同期させて...

まじめんどくさい...


アプリに関しては、Androidのナビ。

これが最強すぎて手放せないしAndroidを持ち続ける理由のひとつ。

MVNOで使用しても全く問題なく使えてしかも無料!

iPhoneなんかは最初の頃は標準アプリとか少なくて好感持ててたのに、

現在では、Game Center、リマインダー、ビデオ、Newsstand等のゴミ満載。

地図も微妙になってしまいました。


プログラマで自分専用のアプリや企業で使うグループウェア等を開発するには、

断然Androidの方がよろしいです。

iPhoneは開発までは無料ですが、デベロッパ登録してお金を払わないと、

実機にいれられません...

Androidは実機に入れるまで全て無料でできます。

Google play登録する際に初めてお金がかかりますが、一回のみです。

自分もAppleの感覚があったので、てっきり年額だと思ってました。


ビジネス的に見たら、在庫とか関係ないGoogleの方がよろしいですね。

Appleは、今後もパイの掴み合いをしてかつ、

新製品を出すというやり方を続けるなら、厳しいと思いますね。

App Storeのインフラの成功があるんだから、

GoogleみたいにiOSを他社に渡してデバイスを作るというモデルで良いと思います。


タブレットに関しては、前に書いたWindows8タブレットがこれから増えてくると思うので、

それに対抗するにはマルチウィンドウ化とフラッシュ再生。

この2つをどうにかしないといけないと思われます。

フラッシュ再生できないとサイトに埋め込まれてるYouTubeが再生できないし、




艦これもできません!




いや、艦これ言いたかっただけです。

いろいろ書いてみましたが、iPhoneの良いところないじゃん...

と思われますが、Androidの登場というのに貢献したのが一番の功績です。




~こんなアプリ出してます~

authored by Noraneko | Comment(0) | ひとりごと
<< 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 >>
BLOG内検索
<< 2018/12 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31