CentOS7始めました Vol.2

2014/10/06 15:48:18
台風一過でお日様きたあああああああ!

こんな日は家で構築したサーバに、ソフトインスコ作業に限りますね。


そんなわけで前回の続きになります。

インストールが終了し、再起動をすると



この画面になります。

そしたら、

$ su -⏎
Password 


パスワードと出たら前回入力したパスワードを打ち込んでrootになります!

パスワードとか忘れがちなので、自分の誕生日の数字4桁がオススメ☆

次はなんとなくアップデートしましょう!

# yum -y update⏎


-yを付けることによって画面を監視してなくても、

イエスマンでどんどん作業が捗るという魔法の呪文です。


■ MySQLをインスコしよう!

なんとCentOS7ではMySQLがなくなっています!

MySQLの代わりにMariaDBになったらしいです。

今のところ完全な互換性があり、

コマンドも使えるのでとりあえずは一安心です。

# yum -y install mariadb mariadb-server⏎


現在、5.5.37辺りがインスコされます。

それで今回のCentOS7ですが、

以前までのヴァージョンでは

# /etc/init.d/*** restart
# service *** start
# chkconfig


とサービス起動とかしてきましたが、

今回から、

// サービスの状態
# systemctl status ***
// サービス再起動
# systemctl restart ***
// サービス設定再読み込み
# systemctl reload ***
// サービス自動起動登録
# systemctl enable ***


という風にsystemctlでなんかしろって言われますね。

なので、

# systemctl start mariadb⏎
# systemctl enable mariadb⏎


として起動させます。

そしたらあとは、以前のMySQL設定と一緒です

// 初期化
# mysql_secure_installation
// とりあえず入ってみる
# mysql -u root -p


ここまできたらokです。

あと、自分はDBのデータをコマンドで見たり、

webでツールで見たりするのは作業効率が非常に悪いと思っており、

常にツールを使ってデータを見ています。

今回のこのMariaDBもMySQLWorkbenchで繋げることができたので、

ご紹介しておきます。

http://www-jp.mysql.com/products/workbench/

上のリンクからダウンロードできます。

最新のMySQLWorkbench 6.2で確認しました。

話がちょっと飛びますが、このツールを使う際に3306を開けるのでなく、

SSHでトンネリングして使います。



起動したら、こういう画面になります。

この画像ではすでに4つの接続先が登録されています。

接続先を登録するには左上の『+』を押します。



このウィンドウが表示されるので、

[Connection Method] [Standard TCP/IP over SSH]に変更

[SSH Hostname] SSHの接続先(IPとポート番号等)

[SSH Username] SSHのユーザ

[SSH Key File] 秘密鍵がある場合は参照します

[Username] MriaDBに繋ぐMariaDBユーザ

入力後、右下の『Test Connection』を押して接続できるか確認しましょう。

無事接続できたらDBについては終わりにしましょう。


■ phpをインスコしよう!

世界にはいろんな言語がありますが、自分の好きな言語でおk

ただ、フレームワーク系の言語やオブジェクト指向言語を

webで使うのはオススメできません。

テキストボックス一個追加するだけなのに

3、4個のファイルを変更するとかちょっとね…

asp.netの話になるんですがasp.netのポストバックの考えは好きですね。




ってフレームワーク系やん!!!!



言語じゃなくて考え方です><

自分は仕事でいろんなサイトを作ってきましたが、

仕様変更しつつ運用するというのがweb開発では重要なので、

1ページ1ファイル(表示と処理)という考えに行きついています。

この辺の話は長くなりそうだし、相容れないプログラマの聖域なので

自分の好きな言語で好きな書き方で作ればいいんですよ。


ということで、phpをインスコしましょう。

# yum -y install php php-gd php-mbstring php-mysql


最低限これだけあればおkですね。

ヴァージョンは5.4.16です。

そんで依存関係で勝手にhttpdもインスコされています。

ひどい話です。



が、久々にhttpdでもええかなって。

ということでhttpdを使いましょう!

多分すでに動いていると思いますが、

# systemctl start httpd⏎
# systemctl enable httpd⏎


と設定しましょう。

ちなみにヴァージョンは2.4.6でした。

で鯖のurlを叩きましょう。







ほら、見えない!!







多分ですが見えないはずです。

だってポート空いてないから。

なのでiptableしましょう。



……

…………



command not found




そうなのです。

CentOS7はここも違うのです。

// 現在の状態をみます
# firewall-cmd --list-services⏎
// ポート追加します
# firewall-cmd --add-service=http --permanent⏎

という風にfirewall-cmdしましょう。

--permanentというのを付けないと再起動した時に、

せっかく空けたポートが閉じていたので多分必要です。


これでもう一度鯖のURLを叩いて確認しましょう。

多分見えるはずです!

あとはapachのconfとかユーザとか整理するだけですね。


最後にEPELリポジトリの追加を

# yum install epel-release⏎


これはちょっと便利ですね。


長くなりましたが、CentOS7はちょこちょこ変わってます。

いろんなブログを見て、比較して構築することをオススメだょ!




気に入ったら押してね





~こんなアプリ出してます~

authored by Noraneko | Comment(0) | Web

CentOS7始めました Vol.1

2014/10/05 22:43:05
台風きてるぅうううう!

こんな日は家で日曜大工という名の、サーバ構築に限りますね。


ねこさんのおうちも移転計画があるので、

久々にCentOSしたYO!


ついこの前まではSSLの問題やべーよとか言われてたのに

最近のBashの脆弱性はもっとやべーとか言われてますね。

そんなこともありカーネルのヴァージョンも3系になったとのことで、

CentOS7をチョイスしてみました。


現在、各VPSでの標準OSは未だCentOS6系ですが、

カスタムOSとしてCentOS7が提供され始められています。


てことで、viのコピペコマンドをネットで確認しないとわからない私と一緒に

CentOS7をインスコしてみましょう!


まずCentOS7のISOを入れてしばらく待つとこんな画面に遭遇します。



初期だと真ん中の『Test this media & install CentOS 7』なので、

テストの必要性がない人は一番上を選択しましょう。


そしてまたしばらくすると



この画面になります。自分の好きな言語を選んで下さい。

自分はSpanishとかでもよかったのですが、

あえて皆様に合わせて、



『日本語』を選択しました。

そしたら右下の『続行』を押しましょう。

『インストールの概要』に遷移します。



ここで環境によって三角アイコンが付くところがバラバラになると思います。

三角アイコンが消えるように、



適当に設定しておいてね(はーと)



CnentOS7の最小限のインストールはSSHとかは動いてるんですが、

ネットワークが繋がっていません。

なので、この中の『ネットワークとホスト名』を設定しておきましょう。




ハードウェアアドレスが『ひ・み・つ』になってますが、

MACアドレスが表示されます。


この画像の右上の赤丸で囲んだところを右にスライドさせて、

オンにしましょう。





……


………


スライドって……


タッチパネルとかでインスコしてるわけじゃないのに、

そのインターフェイスはどうなのかね………

と言う疑問を抱きつつオンにすると、



このように自動でIPが振られます。

確認したら、左上の完了を押して戻ります。

そして画像をキャプチャし忘れてますが、

『インストールの概要』で三角アイコンがなくなってると、

右下の『インストールの開始』ボタンがアクティブになります。


気持ちの準備が整ったら厳かに押しましょう。




こんな感じでインストールが始まります。

また三角アイコンが出てるので、

『rootパスワード』を決めます。



パスワードを『password』にすると下に



入力されたパスワードは弱すぎます



とか出ます。

余計なお世話ですね。

左上の完了を2回押します。

次に『ユーザーの作成』をしましょう。



『このユーザーを管理者にする』にチェックをします。

全ての作業をrootでやる男気が高い方は、ユーザーなんて作らなくても大丈夫です!

サーバなんてハックするかされるかそんな殺伐な雰囲気が良いと思います。

男ならroot一本で勝負したいですね。

そうすればパーミッションとかもいちいち考えなくておkです!

メリットしか見当たりません☆


そうこうしていると



こんな画面になります。

右下の再起動を押して、インスコ完了です!

ほんと昔はアナコンダさんがどーのこーので怒られたりしてたのに、

ねこでも簡単にインスコできますね。




次回はここからソフト入れたりしていきます。



☆近日公開予定☆




気に入ったら押してね





~こんなアプリ出してます~

authored by Noraneko | Comment(0) | Web

nginx1.2の設定

2012/05/30 07:40:33
おはようございます!Noranekoだぜぇ。

最近、web業界でnginxなる物が一部で流行ってるようですね。
業務ではIIS、apacheと使ってきましたが、ここにきていろんな人からこのnginxの話をされました。

てことで情弱な私も使ってみたお^ω^


yumさんでnginx1.2をインスコ。


通常のインスコだと設定ファイルは、

/etc/nginx/
/etc/nginx/conf.d


の中にあり、

/etc/nginx/nginx.conf
/etc/nginx/conf.d/default.conf


この2つがメインファイルとなります。


今回はヴァーチャルホストとベーシック認証についてもやっちゃいましょう。

※ヴァーチャルホストとは、日本語で直訳すると仮想上のホストと言うことです。現在歌舞伎町のホストクラブでは人間を雇わず、CGが女性客の相手をしてくれます。CGなので自分の好みの男性を作ることができ、AIも搭載されてるので会話も可能です。


てことで簡潔に言うとconf.dの中に、***.confと言うファイルを置くと読んでくれるので、default.confはさわらずに、ドメイン名+.confというファイルを置いて管理するのが良いと思います。

例えばwilddaro.comteheperoo.comと言うドメインを持っていて、それぞれのヴァーチャルホストをnginx上に持つとする場合、conf.dの中で、
cp default.conf wilddaro.com.conf


とdefault.confをコピーしてファイルを置きましょう。

ここまでで90%終了です!

やったねタエちゃん!ヴァーチャルホストが増えるよ!


では、wilddaro.com.confの編集を行いましょう~。
ついでにphpの設定も行っておきましょう

server {
    listen       80 default_server;
    server_name  wilddaro.com;

    #charset koi8-r;
    #access_log  /var/log/nginx/log/host.access.log  main;

    location / {
        root   /wilddaro.com/html;
        index  index.html index.php;
    }

    location /himitsu/ {
        alias /wilddaro.com/html/himitsu/;
        index index.html index.php;
        auth_basic "wilddaro?";
        auth_basic_user_file /wilddaro.com/html/himitsu/.htpasswd;
    }

    #error_page  404              /404.html;

    # redirect server error pages to the static page /50x.html
    #
    error_page   500 502 503 504  /50x.html;
    location = /50x.html {
        root   /usr/share/nginx/html;
    }

    # proxy the PHP scripts to Apache listening on 127.0.0.1:80
    #
    #location ~ \.php$ {
    #    proxy_pass   http://127.0.0.1;
    #}

    # pass the PHP scripts to FastCGI server listening on 127.0.0.1:9000
    #
    location ~ ^/himitsu/(.*\.php)$ {
         fastcgi_pass  127.0.0.1:9000;
         fastcgi_index index.php;
         fastcgi_param SCRIPT_FILENAME /wilddaro.com/html/himitsu/$1;
         include       fastcgi_params;
         auth_basic    "wilddaro?";
         auth_basic_user_file /wilddaro.com/html/himitsu/.htpasswd;
    }

    location ~ \.php$ {
        root           /wilddaro.com/html;
        fastcgi_pass   127.0.0.1:9000;
        fastcgi_index  index.php;
        fastcgi_param  SCRIPT_FILENAME  $document_root$fastcgi_script_name;
        include        fastcgi_params;
    }

    # deny access to .htaccess files, if Apache's document root
    # concurs with nginx's one
    #
    location ~ /\.ht {
        deny  all;
    }
}


鉄人自らご説明致します。
wilddaro.comのパスを/wilddaro.com/html/をドキュメントルートにした時の設定です。お好みで、パスをお好みで、/boot/sbin/tmp等のワイルドなところに設置しても構いません^ω^

2行目
default_serverを付ける事により、逆引きした時のホストとして表示できます。つまり、任意のconfファイルにdefault_serverを付けることにより、IPでのアクセスとドメインでのアクセスを切り分けることができます。

3行目
ヴァーチャルホストのドメイン名をここに記述します。

8~11行目
location /とすることで、wilddaro.comのドキュメントルートのパスとindexファイルの設定を行っています。

13~18行目
http://wilddaro.com/himitsu/以下にベーシック認証をかけています。
ここの13行目なのですが、/で閉じないと、himitsu.htmlというファイルがあった場合に、アクセスした際にベーシック認証が発生してしまいます。16行目のauth_basicはメッセージ、17行目のauth_basic_user_fileがユーザ・パスワードファイルです。

37~44行目と46~52行目はphpの設定ですが、ここで結構はまりました。
まず13~18行目でベーシック認証をかけたつもりでも、
http://wilddaro.com/himitsu/***.php
を叩くとベーシック認証がかかってない状態になっています。

う~ん、locationの中でphpのロジックをネストさせて書いてる人もいたりしますね。
自分はちょっと分けて書きたかったので、こういう風にしてます。
あと注意点としては、先に46行目を書くと37行目のロジックが通らなくなってしまいます。

これはちょっと困った問題で、例えば/abc/def/ghi/というディレクトリがあってghi/にベーシック認証をかけて、さらにdef/にも認証をかけたい場合、
先にghiのロジックを書き、次にdefのロジックを書かないと、先にマッチした方のみ処理が行われるみたいです。

自分の書き方がまずいのかもしれませんが、オレ流としての設定なので、他のもっとすっきりした書き方や有名な人の設定パクッた方がいいお^ω^

42、43行目でhttp://wilddaro.com/himitsu/以下のphpにアクセスがあった時にベーシック認証をかけるようにしています。また、37行目を性器正規表現にして、40行目に$1としてファイル名を渡しています。

57~59行目
.htpasswdファイルが見られちゃうと恥ずかしいので、コメントを取っちゃいます!
ワイルドに行きたい人は、ここはコメントはずさないで大丈夫です。

とまぁこんな感じでファイルを設定して、nginxをrestartして、ドメインを叩いて確認してみて下さい。てかwebサーバ設定しても、Aレコードちゃんと登録しなきゃ見れませんので、先に登録してからnginxの設定した方がよろしいでございます。

あと余談ですが、nginxでphp-fpmを使う際は5.3以上なのですが、
設定した後にサイトを見てて、エラー吐きまくりのページがありました。
ereg系とかを使ってると出まくります。

詳細はこちらにのっております。
http://php.net/manual/ja/migration53.deprecated.php


pregにしたったわ!






参考になった人は是非、いいねボタンを押して下さいね^ω^


















そんなもんついてねーけどな!







気に入ったら押してね





~こんなアプリ出してます~

authored by Noraneko | Comment(0) | Web

VPS戦国時代到来!~第二章~

2012/05/03 02:10:53
GW突入だぜ!Noranekoでございます。(deja vu)

というわけで、前回の続きです。
前回は、何故リーマンショックが起きたのか?現在の円安の直接の原因は何か?
今後の日本経済の行方と対アメリカ、対アジアへの対応をどうすれば良いか?
までお話しました。

今日の株価終値を見ても9,380円25銭と、3月に10,000円を超えましたが、4月に入ってから一気に値下がり、現在もこの値のまま推移しています。以前お話した4月のマネタリーベースが前年同月比0.3%減ということが影響し5月に入っても、



って



全然そんな話してない。



ボケが長すぎだろ。


視聴者減っちゃう><


ということで、前回はレンタルサーバめっちゃ安くなりすぎワロタって話でしたね。
今回はVPS(Virtual Private Server)について書いていきたいと思います。
一時期はクラウド、クラウドとFF7の売上が爆発的に伸びました。

ではここで、VPSとクラウドの違いを大雑把に。


違いは特にないです。以上。


ていうかよくわからない。クラウドだとスイッチとかロードバランサーとかの機器の設定とかもできるのもあって、あとはデータの上り下りに対して課金、HDDを後から追加できたりできなかったり。はっきりとわかってる事は、VPSより料金が高い、不具合が起こりやすい。ということでしょうかね。

代表的なクラウドはamazonのEC2ですね。去年大規模障害を起こしています。またさくらインターネットもクラウドサービスを始めてましたが、大規模障害を起こし、現在まだ新規申込受付の一時中止中です。
近年はオンラインゲーム業界もサーバーを自前で買ったりしないで、クラウドサービスを使って運営したりしています。

この仮想化技術は結構前からあり、当時はVMwareが有名でした。ここ数年で、KVM、Xenというソフトでの仮想化したサービスが一気に出てきました。

このVPSやクラウドとレンタルサーバの違いですが、全く違います。
現在のレンタルサーバは結構なんでもできるようになっていますが、新しく出てきた言語やDBを自分でインストールしたりという管理者権限がないとできないことがVPSではできます。
またKVM on KVM等を使って、テストサーバと本番サーバを作ると言うような、仮想サーバの中に更に仮想サーバを作ったりもできます。
その代わり、必要最低限の知識がないと全く使えませんし、レンタルサーバ見たいに、ホームページを作ろうとしてもまずOSをインストールして、webサーバをインストールして、webサーバを起動してと言ったようなことが必要になってきます。

ということで、VPSは開発者にとっては、ありがたいサービスです。
しかもここ数ヶ月で各社のスペックと月額料金が一定化してきたので、乗り換え時期かと思います。

さくらのVPS


当時から良いと評判のさくらがリニューアル。
メモリが512MB->1GBに!HDDも20GB->100GB!
『さくらのVPS 1G』年間一括料金が10,780円なので、月額898円!
これは実用に十分耐えられるスペックです。その上の2Gプランも今は初期費用0円なので、あれもこれもしたい人は2Gの方が良いですね。リニュアル当初は、欠品になって予約制とかになってましたが、今は大丈夫みたいです。

CloudCore VPS


ここ最近出てきたKDDIのVPSです。
現在のみ、年間契約すると945円(11,340/12ヶ月)ですね。本来の価格は1,470円(17,640/12ヶ月)とのことです。さくらのVPSがリニューアルする前は、スペック的にも良いなと検討してたのですが、リニューアル後のさくらが神過ぎた為、現在のキャンペーン価格以外だとあまりメリットがないように感じます。まだ出てきたばかりなので、今後に期待です!

お名前.com VPS


お名前.comはクラウドもあったのですが、VPS競争に乗り遅れない用に、急遽サービスを開始しました。HDDはさくらが上ですが、その分年払いが安くなっています。
お名前->1,153円/月、さくら->1,356円となっています。

VirtualWeb


Windows Server 2008を使ったVPSです。企業によってはMS製品の会社がまだまだあります。ライセンスなどのランニングコストを考慮すればもしかしたら安くなるかもしれません。SQL ServerとVS2010使用可能って書いてありますね。asp.net等の.net製品の短期開発者とかには良いサービスです。

ラピッドサイト


VPNやバックアップ機能、海外VPSと言った他とは違う機能があるので、大切な物をバックアップする場所として使ったりできますね。

ServersMan@VPS


『Entry』プランが安いですね。どのプランにも言えますが、HDD容量が他と比べると少ない気がします。『Standard』プラン以降だとIPv4、IPv6が複数もらえるのがおもしろいです。枯渇しちゃう><

他にも、
WebAREANA


Speever


シーズVPSサービス


Server Queen


等々、多くの企業がVPSを提供しています。
自分の中ではサービス当初から人気だったさくらVPSがオススメですが、年内にもう一回くらいVPSでのスペック、価格競争がおこるかなとも思っています。




気に入ったら押してね





~こんなアプリ出してます~

authored by Noraneko | Comment(0) | Web

VPS戦国時代到来!

2012/05/02 03:51:04
GW突入だぜ!Noranekoでございます。

VPSのスペックと金額が安定してきたところで、そろそろサーバ乗り換えかなと。

と言うことで、ちょっと簡単に初心者でもわかりやすいようにまとめてみましょう!
てか自分もよくわかってないところがありますけどね。ウフフ

まずレンタルサーバ
これは、一個のサーバをみんなで借りて、FTP等でアクセスします。
今は言語として、perlやphp、DBとしてMySQL、ブログ等まで完備していますね。
当時はカウンターや掲示板ぐらいだったんですが、時代変わりすぎワロタ。

普通の方やちょっとしたwebサイトが欲しいと言う方はこれで十分です。
月額もどんどん安くなっています。

ロリポップ


HDD容量2Gプランが、105円だとおおおおお!
正直、ちょっとしたサイトを作るなら十分です。
自分が使ってた頃は、やたらスクリプトのエラーが出てたので解約しましたが、今はどうなのかな?
ロリポップは、買い物カートとかあるので、店をやっててネット販売やりたい人には向いてると思います。(ロリポプラン以上~)


さくらインターネット


ここの最低プランはHDD容量1Gプランで125円ですね。ロリポップと比べるとコストパフォーマンスは低くなりますが、安定しててオススメです。
ただ、レンタル(ライト~プレミアム)だと障害があった時に、メールすら届かないと言うちょっと困ったサポート体制です。


ドメインキング


最低がHDD5Gプラン、12ヶ月契約で315円です。
金額で言うとロリポップの方が安いです。が、現在、


1年間100円ぽっきり!


ちょっと軽くホームページ持ってみようかなと思ってる方はお早めに!
契約料金コミコミで100円はあんまり見たことがない...
ドメインキングは結構キャンペーンやってる気がしますね。

お名前.com


HDD100Gで月額1,344円は安いですね。
自分で撮った画像や、動画等を友達と共有したり、ちょっとしたサークル等で使うには良いと思います。

レンタルサーバは、こんな感じですね。
それぞれ長期で申し込むと割引があるので、一ヶ月だけ払って様子見て、その後に長期申込するとかすれば良いと思います。
で、ドメインなんですが、基本レンタルサーバにはそのサーバで特殊なサブドメインとか取れるので正直いりません。

ドメインを取るメリットは好きな文字を取得できれば使えるということ。
メールアドレスにしたり、他人にサイトがわかりやすくなったりします。
昔は年の更新料が2,980円ぐらいしたのに、最近は1,000円もしませんね...
Whois情報公開代行も有料だったのが無料になっててワロタ...

お名前.com


定番です。onamae.comとかギャグかよ!
って当時は思ってたけど、もう最近はしょっちゅうキャンペーンやってて、常に何かが500円以下で売ってますね。


ムームードメイン


ロリポップと同じ会社です。
もしロリポップでレンタルサーバを借りたら、ここでドメイン登録して一元管理した方が初心者の方はいいかもしれませんね。


ということで、今回書こうと思ってたVPSについては長くなったので次回執筆したいと思います!




気に入ったら押してね





~こんなアプリ出してます~

authored by Noraneko | Comment(0) | Web
1 2 3 4 
BLOG内検索
<< 2021/08 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31