CentOS7始めました Vol.2

2014/10/06 15:48:18
台風一過でお日様きたあああああああ!

こんな日は家で構築したサーバに、ソフトインスコ作業に限りますね。


そんなわけで前回の続きになります。

インストールが終了し、再起動をすると



この画面になります。

そしたら、

$ su -⏎
Password 


パスワードと出たら前回入力したパスワードを打ち込んでrootになります!

パスワードとか忘れがちなので、自分の誕生日の数字4桁がオススメ☆

次はなんとなくアップデートしましょう!

# yum -y update⏎


-yを付けることによって画面を監視してなくても、

イエスマンでどんどん作業が捗るという魔法の呪文です。


■ MySQLをインスコしよう!

なんとCentOS7ではMySQLがなくなっています!

MySQLの代わりにMariaDBになったらしいです。

今のところ完全な互換性があり、

コマンドも使えるのでとりあえずは一安心です。

# yum -y install mariadb mariadb-server⏎


現在、5.5.37辺りがインスコされます。

それで今回のCentOS7ですが、

以前までのヴァージョンでは

# /etc/init.d/*** restart
# service *** start
# chkconfig


とサービス起動とかしてきましたが、

今回から、

// サービスの状態
# systemctl status ***
// サービス再起動
# systemctl restart ***
// サービス設定再読み込み
# systemctl reload ***
// サービス自動起動登録
# systemctl enable ***


という風にsystemctlでなんかしろって言われますね。

なので、

# systemctl start mariadb⏎
# systemctl enable mariadb⏎


として起動させます。

そしたらあとは、以前のMySQL設定と一緒です

// 初期化
# mysql_secure_installation
// とりあえず入ってみる
# mysql -u root -p


ここまできたらokです。

あと、自分はDBのデータをコマンドで見たり、

webでツールで見たりするのは作業効率が非常に悪いと思っており、

常にツールを使ってデータを見ています。

今回のこのMariaDBもMySQLWorkbenchで繋げることができたので、

ご紹介しておきます。

http://www-jp.mysql.com/products/workbench/

上のリンクからダウンロードできます。

最新のMySQLWorkbench 6.2で確認しました。

話がちょっと飛びますが、このツールを使う際に3306を開けるのでなく、

SSHでトンネリングして使います。



起動したら、こういう画面になります。

この画像ではすでに4つの接続先が登録されています。

接続先を登録するには左上の『+』を押します。



このウィンドウが表示されるので、

[Connection Method] [Standard TCP/IP over SSH]に変更

[SSH Hostname] SSHの接続先(IPとポート番号等)

[SSH Username] SSHのユーザ

[SSH Key File] 秘密鍵がある場合は参照します

[Username] MriaDBに繋ぐMariaDBユーザ

入力後、右下の『Test Connection』を押して接続できるか確認しましょう。

無事接続できたらDBについては終わりにしましょう。


■ phpをインスコしよう!

世界にはいろんな言語がありますが、自分の好きな言語でおk

ただ、フレームワーク系の言語やオブジェクト指向言語を

webで使うのはオススメできません。

テキストボックス一個追加するだけなのに

3、4個のファイルを変更するとかちょっとね…

asp.netの話になるんですがasp.netのポストバックの考えは好きですね。




ってフレームワーク系やん!!!!



言語じゃなくて考え方です><

自分は仕事でいろんなサイトを作ってきましたが、

仕様変更しつつ運用するというのがweb開発では重要なので、

1ページ1ファイル(表示と処理)という考えに行きついています。

この辺の話は長くなりそうだし、相容れないプログラマの聖域なので

自分の好きな言語で好きな書き方で作ればいいんですよ。


ということで、phpをインスコしましょう。

# yum -y install php php-gd php-mbstring php-mysql


最低限これだけあればおkですね。

ヴァージョンは5.4.16です。

そんで依存関係で勝手にhttpdもインスコされています。

ひどい話です。



が、久々にhttpdでもええかなって。

ということでhttpdを使いましょう!

多分すでに動いていると思いますが、

# systemctl start httpd⏎
# systemctl enable httpd⏎


と設定しましょう。

ちなみにヴァージョンは2.4.6でした。

で鯖のurlを叩きましょう。







ほら、見えない!!







多分ですが見えないはずです。

だってポート空いてないから。

なのでiptableしましょう。



……

…………



command not found




そうなのです。

CentOS7はここも違うのです。

// 現在の状態をみます
# firewall-cmd --list-services⏎
// ポート追加します
# firewall-cmd --add-service=http --permanent⏎

という風にfirewall-cmdしましょう。

--permanentというのを付けないと再起動した時に、

せっかく空けたポートが閉じていたので多分必要です。


これでもう一度鯖のURLを叩いて確認しましょう。

多分見えるはずです!

あとはapachのconfとかユーザとか整理するだけですね。


最後にEPELリポジトリの追加を

# yum install epel-release⏎


これはちょっと便利ですね。


長くなりましたが、CentOS7はちょこちょこ変わってます。

いろんなブログを見て、比較して構築することをオススメだょ!




~こんなアプリ出してます~

authored by Noraneko | Comment(0) | Web
コメント


お名前*

Email Address

URL

コメント*

BLOG内検索
<< 2018/08 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
<< 過去ログ >>