iPhoneとAndroid

2013/09/11 23:24:59
docomoからiPhone発売で、今月末から来月にかけてMNP大戦争!

この戦争で資産を上手に増やさなくては...



と言うことで、今さらながらiPhoneとAndroidの比較をしましょう!

まずiPhoneとはAppleが出した携帯端末です。

AndroidはGoogleが出した携帯などのデバイス用のOSです。

世間一般で言うAndroidは、Androidが搭載されてるデバイスのことが多いです。

で、何が違うの?と言うことですが、

大雑把に見ればほぼ同じですが、細かく見ると大分違う。

何を言っているのかわからねーと思うが、

おれも何を言ってるのかわからない。

と言うことで、比較表を作ってみましょう。

デバイス iPhone 5s Xperia A(SO-04E)
サイズ(高さ*幅*厚さ) 123.8mm * 58.6mm * 7.6mm 131mm * 67mm * 10.5mm
重さ 112g 141g
解像度 1136 * 640 1280 * 720
RAM 1GB 2GB
ROM 16GB、32GB、64GB 32GB
microSDXC ×
バッテリ取外し ×
コネクタ Lightning microUSB
防水 ×
ワンセグ ×
おさいふケータイ ×


こんなとこかな?

※iPhone 5sのRAMに関しては正確な情報が見つけられませんでした

BluetoothやGPSなんかは、もう当然のようにあるから無視してます。



つうか、Xperia Aのスペックすげーー!

最近のスマートなフォーンは全然ちがうな!

この表見ると面白くて昔はSonyもAppleのように独自規格路線を

突っ走ってたのにすっかり丸くなってるのがわかりますね。

Androidの機種の多くは、microSDスロットを持ってるので

PCにつないでマウントしてドラッグ&ドロップで簡単にファイルのやりとりができます。

音楽や写真なんかも簡単に入れ替え可能。

一方、iPhoneなんかはそういうアプリを落としてiTunesで同期させて...

まじめんどくさい...


アプリに関しては、Androidのナビ。

これが最強すぎて手放せないしAndroidを持ち続ける理由のひとつ。

MVNOで使用しても全く問題なく使えてしかも無料!

iPhoneなんかは最初の頃は標準アプリとか少なくて好感持ててたのに、

現在では、Game Center、リマインダー、ビデオ、Newsstand等のゴミ満載。

地図も微妙になってしまいました。


プログラマで自分専用のアプリや企業で使うグループウェア等を開発するには、

断然Androidの方がよろしいです。

iPhoneは開発までは無料ですが、デベロッパ登録してお金を払わないと、

実機にいれられません...

Androidは実機に入れるまで全て無料でできます。

Google play登録する際に初めてお金がかかりますが、一回のみです。

自分もAppleの感覚があったので、てっきり年額だと思ってました。


ビジネス的に見たら、在庫とか関係ないGoogleの方がよろしいですね。

Appleは、今後もパイの掴み合いをしてかつ、

新製品を出すというやり方を続けるなら、厳しいと思いますね。

App Storeのインフラの成功があるんだから、

GoogleみたいにiOSを他社に渡してデバイスを作るというモデルで良いと思います。


タブレットに関しては、前に書いたWindows8タブレットがこれから増えてくると思うので、

それに対抗するにはマルチウィンドウ化とフラッシュ再生。

この2つをどうにかしないといけないと思われます。

フラッシュ再生できないとサイトに埋め込まれてるYouTubeが再生できないし、




艦これもできません!




いや、艦これ言いたかっただけです。

いろいろ書いてみましたが、iPhoneの良いところないじゃん...

と思われますが、Androidの登場というのに貢献したのが一番の功績です。




気に入ったら押してね





~こんなアプリ出してます~

authored by Noraneko | Comment(0) | ひとりごと
コメント


お名前*

Email Address

URL

コメント*

BLOG内検索
<< 2019/10 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31